Kochi
四国の沿岸には由緒のある部落が非常に多い。これは、そのことを示す資料の1つである。

高知においては、このような由緒ある集落に住む住民は、失業後に隣保館を訪れると、失業手当の給付期間が大幅に延長される制度がある。就職していた期間が1年未満の場合は150日、その他の場合は300日、さらに後者の場合年齢が45歳以上であれば360日である。

通常であれば90日、10年以上働いていても120日、20年以上でも150日であることを考えると、破格の待遇である。

なお、失業保険は半年以上働いていればもらえるが、1年以内での退職であれば、自己都合であったり、働いている期間が半年になる前に会社から解雇を予告されていれば給付を受けられないことがあるので、早めにハローワークや隣保館に出向いて給付要件を確認しておこう。

自分がこのような部落の住民であること、このような制度があるということを知らない人も多い。部落解放の第一歩は正しく知ることである。

■室戸市
都呂 菜生 大谷 行当 西灘 田ノ中 坂本 明神川 上段

■安芸市
西浜

■南国市
野中 下島浜 浜窪 東組

■高知市
北野 宮前 小石木 河ノ瀬 南横町 西山 海老川 長浜 松田

■土佐市
井関 南家俊 昭和 西太郎丸

■須崎市
琴平

■中村市
朝日区

■土佐清水市
東谷 松崎 大岐 当麻

■宿毛市
貝礎 手代岡 正和

■東洋町
東町

■奈半利町
東浜

■安田町
薬師

■芸西村
浜浦 正路

■赤岡町
西部

■吉川村
住吉

■土佐山田町
東組

■介良村
西部

■本山町
五区

■大豊村
栗生 久生野 東寺内 東庵谷 船戸 東梶ケ内

■土佐村
駒野

■春野村
弘岡中 石丸

■伊野町
河内

■日高村
西越 光岩 西田

■佐川町
永野

■中土佐町
和田 鎌田

■窪川町
見付 小室 仁井田 道徳 土居 平野 黒石

■檮原町
神山 広野 田野々 川口

■佐賀町
横浜

■大正町
土場通り二区 弘瀬

■十和村
奥内 久保川 野々川 八木

■三原村
柚ノ木

■大月町
周防形

■大方町
万行

■西土佐村
用井 橘

漁村型同和地区の実態と行政の課題―高知県幡多郡大方町万行地区の場合― 高知県幡多郡大方町 町長 橋田光明 1968年1月30日