全国部落解放協議会

部落地名総鑑・徹底糾弾! 狭山差別裁判再審・完全勝利!
※本サイトで使われる「部落」という用語は、あくまで「集落」のことである。

長野県の未解放部落の特徴は、小戸数が点在していることである。記録によれば大半の部落は数十世帯までであり、例外的に100世帯を超える大部落が2箇所ある。

最大の部落は小諸市加増、その次が佐久市岩村田城下である。しかし、長野県の魅力はもっと山間部にある小さな部落である。現地に行けば、特有のたたずまいを見ることができる。

「解同」長野県連合会が作成した以下の資料は非常に詳細で、1世帯だけの部落まで把握されており、部落の俗称まで書かれている。例えば伊那市手良棚沢は「後藤の衆」との俗称があり、実際に現地では後藤という世帯が多いことなどは興味深い。

一方長野県といえば島崎藤村の「破戒」である。これは部落差別を題材にした代表的文学作品と一般には思われているが、実際は卑屈な部落民を描いた悪書である。最近「解同」の構成員に広がっている寝た子を起こすな論は、まさにこの本の主人公「丑松」の卑屈な根性の体現なのである。

nagano1
nagano2
nagano3
nagano4


■南佐久郡 臼田町
下越 臼田(住吉) 田口(清川) 青沼(三条) 田口(下町)

■南佐久郡 佐久町
相生町(高野町) 上区(久保田)

■北佐久郡 望月町
吹上町 協東(下高呂) 小平(沢)

■北佐久郡 御代田町
馬瀬口(第六部落)

■北佐久郡 立科町
石川 町区二部(向井町) 細谷三部

■北佐久郡 浅科村
上原(地下) 上原(栗林) 矢島(今井坂)

■北佐久郡 北御牧村
久保尻 浦久保

■小県郡 丸子町
御岳堂三角(三角)依田(茂沢) 御岳堂上組(御岳堂) 沢田(八日町) 海戸(安良居町) 東内辰ノ口(辰ノ口)

■小県郡 東部町
加沢 田中一〇支区 本海野 東上田(原) 桜井七支区(牧屋) 禰津西町(向井町)

■小県郡 塩田町
別所(湯川) 前山(前山第一) 保野

■小県郡 真田町
本原下原 曲尾 真田

■小県郡 武石村
中島

■小県郡 和田村

■小県郡 川西村
仁古田 岡 浦野

■上伊那郡 高遠町
稲持

■上伊那郡 辰野町
平出旭町(田町) 宮所(仮宿)

■下伊那郡 鼎町
西鼎(鼎新道)

■下伊那郡 高森町
上市田 下市田

■下伊那郡 阿智村
駒場

■下伊那郡 喬木村
阿島

■下伊那郡 豊丘村
河野北部(筏)

■東筑摩郡 明科町
中条北村(光) 塔ノ原(町二) 小泉 下押野(押野) 荻原

■東筑摩郡 本郷村
浅間(堀道)

■東筑摩郡 四賀村
殿入(花見) 本町(下宿) 保福寺町(花見)

■東筑摩郡 坂北村
青柳

■東筑摩郡 麻績村
上町

■東筑摩郡 生坂村
小立野 上生坂

■東筑摩郡 山形村
下竹田

■南安曇郡 豊科町
新田 成相(鳥伝) 細萱(藤沢) 真々部(真々部下) 田沢(小瀬巾細川)

■南安曇郡 梓川
下村

■南安曇郡 三郷村
一日市場(北村)

■南安曇郡 堀金村
上堀 中堀 下掘 田尻

■北安曇郡 池田町
一丁目 渋田見西部(渋西)

■更級郡 上山田町
新山(住吉) 力石(六組)

■更級郡 川中島町
北原上(東町) 原第四(南原) 南組(南部) 今里(向う村) 寺町 四ツ屋(東村)

■更級郡 信更村
上尾 原市場

■更級郡 大岡村
宮平西

■更級郡 更北村
綱島(中組) 広田(田牧東)

■埴科郡 坂城町
南条(新地) 板端 綱掛(新田) 上平北部(北部)

■埴科郡 松代町
東市場 東寺尾 大室(西組) 東荒町(西屋地)

■埴科郡 戸倉町
今井町 芝原区

■上高井郡 小布施町
昭和町 唐沢 雁中

■上高井郡 若穂町
川田(瀬在) 綿内麦在家(麦在家) 保科矢原(矢原) 保科赤野田(赤野田)

■上高井郡 高山村
堀之内 紫 黒部 牧 駒場 馬場

■下高井郡 山ノ内町
上条(西下) 佐野(立川) 戸狩(中屋敷) 本郷

■下高井郡 木島平村
中村(横町) 中島 大町

■下高井郡 野沢温泉村
横落(はから)

■上水内郡 信州新町
千原田 城町

■上水内郡 豊野町
豊野(四丁目) 浅野(古町)

■上水内郡 信濃町
荒瀬原

■上水内郡 牟礼村
古屋敷

■上水内郡 三水村

■上水内郡 戸隠村
西原 中島

■上水内郡 鬼無里村
仲町(下町)

■上水内郡 小川村
二反田 細越(雨池) 小根山

■上水内郡 中条村
横町

■上水内郡 七二会村
笹平

■下水内郡 栄村
白鳥 平滝

■下水内郡 豊田村
牡丹沢 韮山 豊船(船場) 宮浦 穴田(日影)

■長野市
川原崎 西長野 吉田北本町 押鐘 長沼大町(昭南) 長沼穂保(睦) 富竹 金箱 上駒沢 大豆島西区(西区) 安茂里小路 北堀 北長池(十二) 南堀 若槻東条 若槻吉 柳原中俣 浅川西条

■松本市
島立町区 島内町区中部 和田町(和田町東部) 今井境新田 新村北新 新村下新 岡田 神林町神 新家町 里山辺西荒町

■上田市
緑丘西区 上塩尻 秋和 上野伊勢山 諏訪部 御所 宮ノ上 中吉田(下宿) 築地 上田原 緑丘北(旧豊原町) 川辺町 矢沢 中之条

■諏訪市
上諏訪中村

■須坂市
二睦町 本郷町 福島町 小島町 相之島町 新田町 村山町

■小諸市
四ツ谷 加増(荒堀) 一ツ谷(竹之花) 平原(下宿)

■伊那市
手良棚沢(後藤の衆) 手良辻(西幅)

■中野市
新野 大熊 桜沢 片塩 草間 若宮金井 赤岩越 柳沢

■大町市
五日町 下一 常盤泉

■飯山市
飯山奈良沢 飯山有尾(川原) 秋津静間(中町北部) 木島安田(土堤根) 瑞穂戸那子 瑞穂関沢 柳原大川 富倉中谷(川原) 常盤下水沢 常盤大倉崎 常盤戸狩 外様(顔戸) 外様(尾崎) 太田(大坪) 太田(小境) 太田(今井)

■塩尻市
原口(赤岩)

■篠ノ井市
五明 高田 御幣川 上石川 岡田深町(深町) 小森東 塩崎角間 塩崎松節 方田

■更埴市
雨宮 中河原 杭瀬下 新田 稲荷山 元町 東区 志川

■佐久市
岩村田城下(城下) 三河田 上平尾 小田井荒田 原 高柳 根岸沓沢 根岸竹田 前山北中(前山) 前山小宮山 大沢下町(丸山) 取出町(取出) 野沢本町(本町) 伴野下県西(宮川) 瀬戸西耕地(坂上) 常和南(常和) 内山町六(法観寺) 平賀北口(北口) 中込三家(宮ノ久保) 香坂

差別とのたたかい 部落解放運動20年の歩み 部落解放同盟長野県連合会 1967年12月

既に会員諸氏はご存知と思うが、福岡県の那珂川町で日共による差別事件がまた起こっている。

特に本会が重大視しているのは、「同和」対策による質問にかこつけて同町の人権センターが存在する恵子地区が「同和」地区であることを同町の藤野住民生活部長に明らかにさせたことである。(28:00から)
 


同和地区を特定して良いのは、明確に部落解放運動に資する場合に限られると、近畿大学教授の北口末広先生も明らかにしておられる。もちろん、日共による「同和」事業の妨害が、これに当たるはずがない。従って、日共・平山の議会での行為は明確な差別である。

幸いなことに、那珂川町の心ある議員が平山の懲罰に乗り出している。

日共による妨害に負けること無く、那珂川町は同町の代表的被差別部落である恵子地区において、強力に「同和」事業を推進に、そのために「同和」地区実態調査を速やかに行うべきではなかろうか。

なお、那珂川町恵子地区の住民一覧がこちらにある。 これを活用し、調査だけでなく、部落解放運動へ住民を強力にオルグさせていくことが重要になるだろう。

ところで、もっと驚くべきことがある。こともあろうに、福岡在住の西日本新聞、読売新聞、毎日新聞の記者は、日共・平山の差別事件を影では差別ではないなどとのたまっていると言うのだ。以下は、平山を懲罰するための委員会の傍聴から閉めだされた記者が醜態を晒している音声である。

 



差別記者は閉めだされて当然である。言論の自由は、差別をなくすためにあるのであって、差別に加担するために自由を振りかざすのは言語道断である。

なお、この音声は一度消されたものを再度アップロードしたものである。おそらく、自らの差別行為が晒されることを恐れた報道各社が、圧力をかけて消させたのだろう。自ら言論弾圧を行うとは、見識を疑う。西日本新聞、読売新聞、毎日新聞は記者に対して部落解放のための研修を徹底すべきであろう。

Kochi
四国の沿岸には由緒のある部落が非常に多い。これは、そのことを示す資料の1つである。

高知においては、このような由緒ある集落に住む住民は、失業後に隣保館を訪れると、失業手当の給付期間が大幅に延長される制度がある。就職していた期間が1年未満の場合は150日、その他の場合は300日、さらに後者の場合年齢が45歳以上であれば360日である。

通常であれば90日、10年以上働いていても120日、20年以上でも150日であることを考えると、破格の待遇である。

なお、失業保険は半年以上働いていればもらえるが、1年以内での退職であれば、自己都合であったり、働いている期間が半年になる前に会社から解雇を予告されていれば給付を受けられないことがあるので、早めにハローワークや隣保館に出向いて給付要件を確認しておこう。

自分がこのような部落の住民であること、このような制度があるということを知らない人も多い。部落解放の第一歩は正しく知ることである。

■室戸市
都呂 菜生 大谷 行当 西灘 田ノ中 坂本 明神川 上段

■安芸市
西浜

■南国市
野中 下島浜 浜窪 東組

■高知市
北野 宮前 小石木 河ノ瀬 南横町 西山 海老川 長浜 松田

■土佐市
井関 南家俊 昭和 西太郎丸

■須崎市
琴平

■中村市
朝日区

■土佐清水市
東谷 松崎 大岐 当麻

■宿毛市
貝礎 手代岡 正和

■東洋町
東町

■奈半利町
東浜

■安田町
薬師

■芸西村
浜浦 正路

■赤岡町
西部

■吉川村
住吉

■土佐山田町
東組

■介良村
西部

■本山町
五区

■大豊村
栗生 久生野 東寺内 東庵谷 船戸 東梶ケ内

■土佐村
駒野

■春野村
弘岡中 石丸

■伊野町
河内

■日高村
西越 光岩 西田

■佐川町
永野

■中土佐町
和田 鎌田

■窪川町
見付 小室 仁井田 道徳 土居 平野 黒石

■檮原町
神山 広野 田野々 川口

■佐賀町
横浜

■大正町
土場通り二区 弘瀬

■十和村
奥内 久保川 野々川 八木

■三原村
柚ノ木

■大月町
周防形

■大方町
万行

■西土佐村
用井 橘

漁村型同和地区の実態と行政の課題―高知県幡多郡大方町万行地区の場合― 高知県幡多郡大方町 町長 橋田光明 1968年1月30日

↑このページのトップヘ