全国部落解放協議会

部落地名総鑑・徹底糾弾! 狭山差別裁判再審・完全勝利!
※本サイトで使われる「部落」という用語は、あくまで「集落」のことである。

全国部落解放協議会は全国にちらばる300万のきょうだいのために部落解放運動を行う大衆団体です。
支部の所在地
会則(抜粋

第1条 本会を全国部落解放協議会と称す。
第2条 本会は、本会の会則を承認する被差別部落民と、各被差別部落ごとに結成された支部により構成される。複数の支部は、地域連合会を構成することができる。地域連合会は本部書記局に属し、その他の支部は本部書記局に直属するものとする。
第3条 会員は被差別部落民としての自覚を持ち、被差別当事者である自らの社会的立場を明らかにすることを必要とする。
第4条 本会は、被差別部落民に対する差別に対し、徹底糾弾をもって対抗する。 

こんなコメントを頂いた。

わからないのでご教示頂きたいのですが、「部落の完全解放」とは
具体的にどのようになれば「完全解放」ということになるのでしょうか?

良い質問である。

全国協では、その質問に答える本を作成した。全国の被差別当事者により執筆されたこの本は、2016年12月に制定された部落差別解消推進法にも対応している、部落問題の入門書である。

 

本と電子書籍版をアマゾンで頒布中である。この画期的な入門書をぜひ手にとって頂きたい。

本書の内容: 

第1章 部落問題とは何か/「部落」とは何か/「部落民」とは何か/どのような場面で部落問題に直面するか/差別の実態とは/部落はどのようなところか/部落問題にまつわる言説/「同和タブー」とは 

第2章 部落の歴史/部落・部落民の起源/奈良時代の賎民/平安以降の賎民/江戸時代の賎民/賎民の職業/賎民と神道/部落と白山信仰/部落と宿神信仰/賎民と仏教/差別戒名/賎民と宗派/部落政治起源説/明治維新と解放令 

第3章 部落解放運動/部落解放運動団体の系譜/融和運動/全国水平社/部落解放同盟とは/全日本同和会・自由同和会とは/全国地域人権運動総連合とは/その他の部落解放運動団体/オールロマンス事件と行政闘争/「朝田理論」とは/部落解放同盟 VS 日本共産党/八鹿高校事件/部落地名総鑑事件の衝撃/狭山闘争と狭山同盟休校/「差別糾弾」とは/「言葉狩り」と表現規制/「えせ同和」とは/在日と部落と被差別統一戦線 

第4章 同和対策事業/融和事業/同和対策審議会答申と同和対策事業特別措置法/莫大な予算がつぎ込まれた同和対策事業/同和地区はどのように指定されたのか/隣保館と教育集会所/なぜ同和地区にはニコイチが多いのか/同和教育と解放教育/個人給付的事業/窓口一本化/同和事業にからむ不祥事/地域改善対策協議会意見具申/未指定地区/同和行政に関係する組織/同和事業の終了/今も残る同和事業 

第5章 部落差別解消の推進/どうやって部落差別を解消するのか/今なお残る「部落差別」とは/「結婚差別」とは/部落差別の原因とは/誰が問題の当事者なのか/行政の主体性の回復と部落の自立/えせ同和の排除/部落研究の自由の必要性/部落差別が解消された状態とは

全国部落解放協議会では、組織拡大を目指し、広く加入者を募集することにした。

まさに部落解放運動は危機に晒されている。特に「部落に住むと差別により不利益を受ける」「部落出身が暴かれ自殺する人がいる」といった根拠なき風評、部落民に対する侮辱には断固抵抗しなければならない。

「全国部落調査」に掲載された部落に関係する部落出身者は、全国部落解放協議会に入ろう!

加入はこちらから↓

↑このページのトップヘ